学生設計コンクール表彰式

2016年2月24日
2月23日(火) 第5回学生設計コンクールの表彰式がありました。今年度は59の作品が出品され、本校からは建築科2年が出品しました。その結果、飯塚康介君が優秀賞、板垣敦也君と垣田寿人君が協会長賞を受賞することができました。建築科2年が半年間かけて、製図の授業で取組み33作品を出品しました。生徒たちは作品つくりのために夜遅くまで実習棟で作業し、中には深夜まで取り組んだ生徒もおり、クラスが一つになってここに作品を作り上げました。その結果、賞の半分を出雲工業が受賞することになり、クラス全体でレベルを引き上げたと感じています。

 表彰2  表彰2
飯塚康介君 【緑との共存】 作品紹介
山の斜面を利用し、建物をセットバックさせ、各部屋からの眺望や各階の日当たりと通り風が得られ、自然との共生の中で家族が心地よく生活できる建築空間を提案しました。
表彰5

板垣敦也君 【Big Wave】 作品紹介
多伎町の日本海を面する山の頂に家を建て、大屋根が住処を包み、日本海に面した玄関前の大階段を軸に自然の優しさ、厳しさ、強さ、美しさを感じられる家を考えました。床をGLから1.5m上げ、もりの動物たちの動線を守り、各部屋からは木々の上から海を見渡せられるように断面計画をしました。
表彰4

垣田寿人君 【絶景の眺め】 作品紹介
居間と食堂が一つになった海に大きく開く、広い吹き抜け空間を家の中心に据え、2階はこの吹き抜けに小部屋をが張付き、小部屋にいても今の気配を感じ、いつでも家族が繋がっている家を考えました。また、居間には宇豆柱からヒントを得た3本の柱が、耐震性と棚としての機能をもち大黒柱として家を守り続ける家を作りました。
表彰3
在校生の皆様へ 中学生の皆様へ 卒業生の皆様へ 保護者の皆様へ 地域の皆様へ
新校舎竣工式・創立70周年記念式典