校長挨拶

校長挨拶

ごあいさつ         校長  吾 郷 信 博

 

   本校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 本校は昭和19年の創立以来74年の歴史をもち、これまで1万5千名を超える人材を多方面に輩出し、日本の産業界に歴史を刻んでまいりました。特に近年は地元企業への就職者が多く、地域産業の担い手として、また若者の定住による地域や島根県の活力アップの役割も担い、その貢献度は大きく、地域から高い評価をいただいています。

 さて、出雲工業高校整備事業(校舎改築および関連工事)が平成28年度末で完了して2年目を迎えます。教室や廊下は無垢材のフローリングにより心地よく温かみのある落ち着いた雰囲気で、実習室には最新の設備が導入され、最高の学習環境が整備されています。このすばらしくなった「塩冶が丘にそそり立つ白亜の学舎」、「神戸の川に影うつす科学の学舎」で、島根県の工業界を支える人材の育成に努めてまいります。

 本校では、国立教育政策研究所 教育課程研究指定校事業として平成28年度から2年間の指定を受け、「工業科における学び続ける力の育成を重視した学習指導及び評価方法に関する研究」に取り組んできました。今年度は、研究した内容を活用してさらに授業改善に取り組んでいく予定です。研究内容はホームページでも公開していますので、ご覧ください。

 また本校は部活動も盛んで、多くの部活動が全国大会に出場しています。弓道部は、昨年度の全国選抜大会において、準優勝という快挙を成し遂げました。陸上競技部は、全国高校駅伝に22年連続26回目の出場を果たしています。運動系13と工業系・文化系5の部活動で、日々明るく元気に活動しています。
 
 さまざまな教育活動を通じて、たくましくしなやかに生きていく人材育成を進めていきたいと考えています。今後とも多方面からのご支援を賜りますようお願いを申し上げ、ご挨拶といたします。