科によって取得可能な資格は違いますか

 はい。どこの科の生徒でも取得可能な資格もありますし、特定の科の生徒でなければ受験できない、あるいは合格できない資格もあります。当然、前者より後者のほうが難易度は上がります。いずれにしても、資格を取得するには問題集や参考書などを買って、かなりの資格取得のための勉強をしなければいけません。

 難易度の高い国家試験には、建築士、電気主任技術者、電気工事士、情報処理技術者などがあります。二級建築士は建築科を卒業後3年間の実務経験を経れば、受験資格が与えられます。第3種電気主任技術者や第1種電気工事士は電気科の専門科目をしっかり勉強すれば、2、3年次に受験、合格することができます。また、第2種電気工事士は電気科2年生、危険物取扱者乙種4類は希望者に補習などを行い、受験しています。

 その他、昨年度に受験した主な専門的資格試験を科ごとにまとめますと、機械科:ガス溶接技能者、二級ボイラー技士、機械製図検定。建築科:建築施工技術者、建築CAD検定。電気科:電気通信工事担任者、情報処理技術者、電気施工管理技術者。電子機械科:電気通信工事担任者、機械製図検定などです。

島根県立 出雲工業高等学校

〒693-0022 島根県出雲市上塩冶町420番地 TEL 0853-21-3131 FAX 0853-21-7543

COPYRIGHTc2009 All Rights Reserved. Powered by CMS WebPage21