沿革

島根県立出雲工業高等学校の沿革を紹介します。

島根県立今市工業学校

昭和19年 島根県立今市工業学校(機械科・建築科・航空機科)
昭和20年 航空機科廃し、工業化学科設置

島根県立出雲商工高等学校

昭和23年 商業科設置、島根県立出雲商工高等学校と称する

島根県立出雲産業高等学校

昭和24年 出雲農業高等学校と統合、島根県立出雲産業高等学校と称する(機械科・工業化学科・建築科)
昭和28年 農業科が出雲農林高等学校として独立

島根県立出雲工業高等学校

昭和37年 島根県立出雲工業高等学校開校(機械科・工業化学科・建築科・電気科)
昭和38年 塩冶ヶ丘に移転
昭和39年 校舎建築竣工式
昭和44年 水泳プール完工
昭和46年 寄宿舎(青雲寮)開設
昭和50年 テニスコート整備工事完工
昭和56年 特別教室(家庭科)棟整備
昭和59年 校訓制定
平成元年 電子機械科新設(機械科・工業化学科・建築科・電気科・電子機械科)
平成  2年 電子機械科実習棟竣工
平成  6年 記念館(工雲会館)竣工
平成  8年 環境システム科新設(機械科・工業化学科・建築科・電気科・電子機械科・環境システム科)
平成  9年 新実習棟(環境システム科・建築科)竣工
平成15年 工業化学科閉科(機械科・建築科・電気科・電子機械科・環境システム科)
平成17年 屋内運動場竣工
平成22年 環境システム科閉科(機械科・建築科・電気科・電子機械科)
平成26年 新校舎(管理特別教室棟、教室棟)竣工
平成26年 新校舎竣工式並びに創立70周年記念式典
平成28年 機械・電気科実習棟完工(渡り廊下含む)